2017年7月26日水曜日

マーガリン VS バター

単純に味を比べればマーガリンよりもバターのほうが美味しいはずです。

これは、塩バターラーメンがあっても塩マーガリンラーメンがないことからも明らかです。にもかかわらず、多くの人がバターを避けてマーガリンを使っているのは、「油は動物性よりも植物性のほうがいい」と思い込んでいるからです。

たしかにバターは動物性脂肪のかたまりです。動物性脂肪をとりすぎると動脈硬化などを起こす原因になります。

また、「動物性脂肪をとりすぎると太る」というのもウソではありません。しかし、だからといって「マーガリンは健康にいい」かというと、実はそうではありません。

マーガリンにも危険はあります。いったいマーガリンの何が危険なのかというと、マーガリンに含まれているリノール酸です。

「油は植物性がいい、リノール酸は身体にいい」とあちこちで喧伝されているので意外に思うかもしれませんが、実はこのリノール酸がくせ者なのです。

リノール酸は必須脂肪酸のひとつです。必須脂肪酸は身体の機能を調整する物質の原料となるもので、体内では合成されないので必ず食物から摂取しなければなりません。

バターにはこのリノール酸が含まれていないので「マーガリンのほうがいい」といわれてきましたが、リノール酸をとりさえすれば健康になるかというとそうではありません。

いくらリノール酸をとっても、同じ必須脂肪酸であるリノレン酸を一緒にとらなければ身体の調整機能は働かず、むしろガンなどの原因になることが動物実験で実証されています。

マーガリンにはリノール酸が多く、リノレン酸はあまり含まれていません。マーガリンは危険というのはこのためです。

現在の日本人の食事をみると、リノール酸を必要量の10倍くらいとっています。これでは明らかに過剰摂取です。

最近、日本で欧米タイプのガンが増えているのもそのためではないかといわれています。

食事で大切なのはバランスです。動物性脂肪のかたまりであるバターもたしかに問題ですが、現在の日本人の食生活をみると、バターの問題よりもリノール酸の過剰摂取のほうが問題は大きいといえます。

ちなみに、リノール酸の多い油脂は、紅花油、月見草油、大豆油、コーン油など。リノレン酸が多く含まれている油脂は、シソ油、エゴマ油、アマニ油、魚油などです。

 マンボウの肝油

0 件のコメント:

コメントを投稿